洗顔をするときの洗顔料の泡立て方

体の中で最も薄いといわれるのが顔の皮膚で、顔の皮膚は敏感であることから負担がかかりやすい部分です。
顔を洗うときの洗顔には泡立ちがポイントで、摩擦はしてはいけない洗顔方法になります。
そこで洗顔をするときは泡立てた泡で洗いますが、手で泡立てることできめ細かい泡を作る事ができます。
手で泡立てる時は洗顔料をたっぷり取り、目安としては1円玉くらいの大きさにすることが大事です。
また泡立てには空気を入れながらするのもコツで、水を加えながら泡立てるようにしていきます。
水が少ないと泡立ちが悪くなってしまい、摩擦が大きくお肌に負担をかけてしまいます。
次に泡立てた泡は顔の広い部分からつけていき、最後に目元や口元など皮膚の薄い部分につけていきます。
そして洗顔にはすすぎも大事なポイントで、ぬるま湯でしっかりすすいでいかないといけません。
最後は清潔なタオルでふき取るようにして、顔を拭く時も摩擦に気をつけて行うのがコツです。